徹底した脱毛をしたい箇所はニードル

ニードル脱毛現代の脱毛の中で最も効果が高い、つまり永久脱毛効果がある方法というと、実はニードル脱毛なのです。 ニードル脱毛というのは光やレーザー脱毛が行われる前から行われてきた脱毛処理方法で、毛穴の一つ一つに医療用の極細い針を挿入し、そこに微弱電流を流すことで毛根を破壊するという方法です

この方法はムダ毛1本ずつにピンポイントに脱毛するという方法なので、確実にムダ毛を元から排除できます。但しニードル脱毛は非常に痛いという欠点があります。光やレーザーの脱毛も、ゴムをぱちんと引っ張ったような痛みを感じる方もいますが、ニードル脱毛は痛みの感じ方に差があるとはいえ、「痛い」と感じる方法で人によっては痛みをかなり感じてしまい、途中で脱毛を断念する方もいます。

また費用がかかるということもデメリットです。 1本ずつ処理することになるので太く硬い毛でも、細い産毛でも対応できるのですが、どうしても費用と時間がかかります。高い技術を持っているとかなりスピーディに処理してくれますが、それでもレーザーや光のように、「広範囲、一気に」処理できないので1回の施術の時間も長く、また期間もかかります。そして費用もかなり高額になります。

光脱毛の後、気になる部分だけニードル脱毛するという方も多くなっていますが、痛みがあって費用等もかかる方法であっても効果が高いので最初からニードルを選択される方もいます。徹底してムダ毛をなくしたいという方はニードルにチャレンジしてみてもいいでしょう。

背中、うなじは光がオススメ

背中脱毛背中やうなじなどは産毛に近い状態の細く色も薄いムダ毛です。しかし本数が多いという人もいて、特にブライダルの前などにはドレスを着用する事を考慮し、うなじ、背中は入念に脱毛処理します。

 現在主流となっている光やレーザーによる脱毛は、メラニン色素に反応する特殊な光、レーザーを利用して毛根を破壊するという方法になります。メラニン色素は黒、若しくは黒に近いこげ茶なので、ムダ毛の色が黒に近い方がしっかりと脱毛できることになります。

しかし産毛はどれも細くて色も薄いという人が多いです。黒に近い色をしていない場合、レーザーや光による脱毛効果は減少します。しかし光脱毛の中には、S.S.C式脱毛、ハイパースキン法と呼ばれる特殊な光脱毛があります。

 S.S.C式脱毛はイタリアで開発された脱毛で、エネルギー供給が可能となるクリプトンライトと呼ばれる光とビーンズジェルに含まれるフィリニーブという成分の相乗効果によって脱毛します。通常の光やレーザーで脱毛しきれない産毛についてもフィリニーブという成分の制毛効果によって生えてこないように処理できる画期的な方法です。

光、レーザー脱毛は成長期、つまり皮膚表面に見える毛について対応できる方法ですが、ハイパースキン法という脱毛は、休止期の毛のおおもとに作用します。これから生えてくる毛の元となっている部分に処理を行い毛が生えてこないようにしてくれるので、メラニン色素の色などが全く関係ない脱毛です。光の熱などによる皮膚へのダメージが少ないので、肌にトラブルを抱えている方もチャレンジできる方法として注目されていますし、この方法ならうなじ、背中などの産毛に対応できます。

ワキやVIOラインの脱毛は

脱毛したい箇所はどこですか?と女性に尋ねれば多くの方がワキ、VIOラインと答えます。ワキの毛の処理は誰もが当たり前のように行う事で、女性のワキの処理がしっかりできていないと男性はがっかりしてしまうといいます。もはやワキのムダ毛の処理は女性のマナーともいうべきこととなっているのです。

パンツの絵またVIOラインのムダ毛処理についても気を遣います。最近はスポーツジムやスイミングスクールなどに通う方も多くなり、水着になる機会が季節を問わず多くなっています。 お友達と一緒に海にいったり、彼と一緒にリゾート地に旅行に行く時などやはりVIOラインが美しく処理されている方が安心して楽しめます

ワキやVIOラインのムダ毛も人によって違いがありますが、他の体毛よりも太く濃く黒いという人が多いです。特に日本人はムダ毛も黒い、若しくは黒に近いという人がほとんどなので、レーザー脱毛や光脱毛が適しているといえます。

光もレーザーも広範囲に施術できますし、メラニン色素に反応する光、レーザーを利用した脱毛方法となるので、毛の色が黒く濃い方がより脱毛効果も上がるのです。ワキの部分脱毛も何度か通う事が必要となりますので、期間を考えて春夏に間に合うように余裕をもって脱毛する事を考えましょう。